蝶の夢~ロマンスは唇から~
 

蝶の夢~ロマンスは唇から~

中国
ALL
 2020年  
世界でもっともセクシーな男に選出された ローレンス・ウォン主演
芸能界を舞台に繰り広げられる複雑な恋愛模様
全 36 話 / 60 分
再生
詳細
エピソード
[第 1 話 ] 
第1話「唇の記憶」
  33分
安寧文化の社長を務める葉非墨(イエ・フェイモー)は、仕事は出来るがクールで冷淡な人物として知られていた。そんな非墨は、昔出会ったある女性を探していた。一方、温小暖(ウェン・シャオヌアン)は駆け出しの女優で、故郷の劇団を援助するため、どんな仕事でも進んで引き受けていた。ある日、小暖は付き合いの長い恋人に突然振られてしまう。ショックで泥酔した小暖は、恋人と間違えて非墨にキスをする。
[第 2 話 ] 
第2話「一夜漬け」
  32分
故郷の劇団を救う為、小暖は非墨の恋人を演じる仕事を引き受ける。しかし非墨は、小暖は母親が仕向けた恋人だと悟り、小暖を追い出してしまう。追い出された小暖だったが、故郷の劇団の為に何度も非墨の家への侵入を試みる。しかし、夜になり冷たい雨が降り出す中、小暖は元恋人の蒋放(ジアンファン)と出会う。
[第 3 話 ] 
第3話「あざ」
  33分
非墨は、雨に打たれ倒れていた小暖を自宅へ入れる。目を覚ました小暖は喜び、なんとかそこに留まろうと作戦を練る。そして、非墨にリクエストされた料理を作る為買い出しに出かけるが、親友の嘉怡(ジアイー)から急遽撮影の依頼が入る。急いで現場へ向かうと、なんと撮影の相手役は蒋放の新恋人 霊児(リンアー)だった。
[第 4 話 ] 
第4話「カモフラージュ」
  31分
ある朝、仕事の打ち合わせで副社長の顧雲洲(グー・ユンジョウ)が非墨の自宅を訪れる。仕事の会話を聞いた小暖は、非墨は男が好きなのだと勘違いしてしまう。一方、非墨は仕事でライバル会社である耀華の動きを探っていた。そして耀華の新任プロデューサーに蒋放が就任したことを知ると、小暖を使ってある策に出る。
[第 5 話 ] 
第5話「弱点」
  32分
非墨は体調を崩し、小暖の前で倒れてしまう。驚いた小暖が急いで医師を呼び見てもらうと、体調不良の原因は小暖の料理を食べすぎた事だと分かる。小暖は非墨をちょっぴり見直し、懸命に看病を続ける。一方、小暖と非墨の関係が気になる蒋放は、彼女の動きを探る。そして小暖に会いに行くが、それを霊児に知られてしまう。
[第 6 話 ] 
第6話「魂をみつけた」
  33分
看病を続けるうちに、非墨と小暖の距離は徐々に近くなっていった。そんな中、蒋放は映画「天上の銀河」の主導権を握ろうと、脚本を手に入れる事を企んでいた。蒋放の動きを予測していた非墨は、あるワナを仕掛ける。また、非墨は「天上の銀河」に何か足りないものを感じていた。ある晩、小暖が非墨の前で黄梅戯を披露すると、非墨はそこから1つのアイデアを思いつく。
[第 7 話 ] 
第7話「薔薇の涙」
  27分
非墨が蒋放をワナにかけるため自分を利用していたと知った小暖は、ショックを受け非墨の元から姿を消す。しかし、そんな小暖の元に故郷の劇団が差し押さえに合っているという連絡が入る。非墨は、自宅に残された手帳から、小暖がどれだけ自分の為に頑張ってきたかを知る。そして小暖を見つけ出し、彼女にあるネックレスを付けさせパーティーへ連れていく。
[第 8 話 ] 
第8話「当てつけ」
  33分
韓絵(ハンフイ)のファンだった小暖は、パーティーで彼女が姿を現すと大喜び。しかし、韓絵は非墨のかつての恋人だった。非墨は、昔彼女が突然去った事で人を愛せなくなっていたのだった。韓絵は再び非墨へ近づこうとするが、それに対し非墨は、小暖は婚約者だと紹介し韓絵を遠ざける。小暖は自分への当てつけだと思った韓絵は、映画監督の李燦(リーツァン)に接近する。
[第 9 話 ] 
第9話「魔法が解けた」
  31分
プールに落ちてしまった小暖をタオルで包み、非墨はみんなの前で彼女にキスをする。それを見ていた蒋放は、小暖に非墨と別れるよう忠告するが、小暖は彼を拒絶する。パーティーも終わり、再び元の生活に戻った小暖。小暖は非墨から借りたネックレスを返すために暁静(シャオジン)と会い、そのネックレスの意味を知らされる。
[第 10 話 ] 
第10話「逆転」
  30分
小暖が去った後、非墨は彼女の事が気になって仕方がない。雲洲を使って小暖の様子を探らせるが、伝えられた情報は、小暖には好きな人がいるというものだった。一方、小暖と同居する親友の嘉怡は、内緒で安寧宛てに小暖のプロフィールを送る。小暖が安寧への所属を希望していると思い込んだ非墨は、小暖と契約を交わすため彼女に会いに行く。
[第 11 話 ] 
第11話「羊と友達になりたい狼」
  29分
小暖が気になり、ついに非墨は彼女が暮らすマンションの上の階に引っ越してしまう。エレベーターで非墨に遭遇し、驚く小暖。また、雲洲も嘉怡に近づくために身分を隠し、小暖たちの部屋に遊びに来ていた。そんなある日、小暖の弟の小愷(シャオカイ)が部屋を訪れる。ところが小愷の後ろには借金取りが控えていて…。
[第 12 話 ] 
第12話「公私混同」
  35分
借金取りに部屋に乗り込まれた小暖だったが、そのピンチを非墨に救われる。借金を肩代わりしてくれた非墨に恩を返す為、小暖は安寧とS級俳優の契約を交わす。S級俳優となり、日々レッスンに打ち込むことになった小暖。苦労する小暖とは反対に、非墨は仕事を通して小暖と関わるのを楽しんでいた。一方、蒋放は韓絵と契約を交わすため、彼女への接近を試みる。
[第 13 話 ] 
第13話「命を吹き込む」
  33分
小暖は、非墨の指示で「天上の銀河」の撮影を見学しに行く。現場では主演女優が黄梅戯に苦戦しており、代わりに小暖が演じてみることに。すると小暖は完璧に黄梅戯を歌い、李燦は小暖を代役にすることを決める。しかし、新人が主演を演じることで、社内では不安を抱く声も聞かれた。それらを払拭するため、非墨は小暖を主演にする事に対し、ある条件を出す。
[第 14 話 ] 
第14話「真剣勝負」
  31分
小暖が「天上の銀河」の主演を演じる条件は、パイロット版で主演を演じ、それで高評価を得るというものだった。また、再生回数を上げるためにキスシーンを入れ、なんとその相手役は非墨が演じる事に。撮影現場に現れた非墨を見て、小暖は怒り心頭。非墨を困らせるため、小暖は撮影前にある物を口にする。また、小暖の撮影の話を聞いた韓絵は、急いで現場を訪れる。そこで韓絵が目にしたものは…。
[第 15 話 ] 
第15話「光と影」
  33分
「天上の銀河」のパイロット版はついに公開となった。パイロット版は高評価を得て、小暖は正式に「天上の銀河」の主演を演じることに。それをよく思わない霊児は主演男優に会い、嘘の情報を伝える。一方、嘉怡は面接の為に安寧を訪れ、そこで雲洲と遭遇する。焦った雲洲は咄嗟に身分をごまかすが、嘉怡は彼の正体をすでに知っていた。嘉怡は雲洲に本当のことを話すチャンスを与えるが、雲洲はまたごまかしてしまう。
[第 16 話 ] 
第16話「代役」
  29分
小暖の相手役を演じる主演男優が突然降板した事で、「天上の銀河」には良くない噂が出回ってしまう。責任を感じた小暖はプレッシャーに押しつぶされそうになるが、自分を支えてくれたみんなの期待を裏切れないと奮起する。また、蒋放は小暖と非墨を引き離そうと、小暖の主演降板を非墨に要求する。しかし、非墨はそれには応じず、主演男優が降板した原因を調べ始める。
[第 17 話 ] 
第17話「期待」
  31分
稽古に打ち込みすぎ、倒れてしまった小暖。非墨はそんな小暖を励まし、主演男優の件は解決したと告げる。また、その後韓絵を呼び出した非墨は、主演を演じたければ程(チョン)会長に会えと警告する。思惑が外れた韓絵は、程会長にアポを取る。韓絵から連絡を受けた程会長は、その場に小暖も招き、息子の嫁に相応しいと彼女をひいきする。
[第 18 話 ] 
第18話「あうん」
  29分
会食の場で程会長は、映画の主演については、自分に決定権が無いと韓絵に告げる。また、小暖はそこで初めて非墨と韓絵が恋人同士だった事を知る。会食の後、顔を合わせた小暖に対し韓絵は皮肉を言うが、小暖も負けじとそれに言い返す。納得がいかない韓絵は蒋放と会い、新たな手に打って出る。
[第 19 話 ] 
第19話「ゴシップ」
  31分
会食の翌朝、非墨と韓絵の熱愛の噂が出回る。それを見た小暖はショックを受けるが、気にしていない振りをしてごまかす。一方、今回のゴシップで小暖と非墨を引き離そうと考えていた蒋放は、映画の進行に支障が出ると非墨を問い詰める。しかし非墨は、撮影は予定通り進行すると強気な姿勢を見せる。
[第 20 話 ] 
第20話「影の中」
  35分
シャツを返すという口実で、韓絵は非墨に会いに行く。しかし非墨は、小暖を傷つけるなと韓絵に警告し、彼女を追い返す。落ち込む小暖を励ますため、嘉怡は小暖をカフェに誘う。しかしそのカフェに非墨と雲洲が現れ、二人には気が付かないまま、雲洲は嘉怡の事を話し出す。雲洲が自分を侮辱するような話をしていた為、怒った嘉怡は店を飛び出してしまう。一方非墨は、小暖の真意を引き出そうと必死になる。
[第 21 話 ] 
第21話「願い」
  31分
非墨は、小暖の本当の気持ちを聞き出すため彼女を湖へと連れ出す。湖に浮かぶボートの上で、非墨は韓絵とは何もないと話し、自分を信じてほしいと小暖に告げる。その後、「天上の銀河」の制作記者発表が行われ、自信を取り戻した小暖は見事なスピーチを行う。撮影も始まり順調に進んでいるかに思えたが、それを面白く思わない韓絵は、見学と称して撮影現場に乗り込む。
[第 22 話 ] 
第22話「帰ってきた」
  34分
韓絵が撮影現場に乗り込んだことを聞き、非墨は記者会見を開く事を決意。そこできっぱりと韓絵との関係は捏造である事を伝え、自身に恋人が出来た際には公にすると話した。非墨の会見を知った韓絵は、撮影現場でわざと機材が小暖に倒れるよう仕向ける。それをそばで見ていた墨小白(モー・シャオバイ)は、急いで小暖を病院へと運ぶ。
[第 23 話 ] 
第23話「全て知ってる」
  32分
ケガで入院中の小暖の元に小白が見舞いに訪れる。昔からファンだった人物の登場に舞い上がる小暖。小白と共演出来るという事もあり、小暖はできるだけ早い退院を望むが、彼女が心配な非墨は許してくれない。一方、蒋放は韓絵との契約を進めるため、ある映画への出演を依頼する。それは、「天上の銀河」と同じく、織姫と彦星の物語だった。
[第 24 話 ] 
第24話「結ばれる」
  32分
韓絵が織姫と彦星をテーマにした映画への出演を決めたことを知って、完治する前に退院することにした小暖。非墨には内緒で現場に復帰し撮影に参加するが、傷はまだ痛々しいものだった。心配する非墨に対し、小暖は映画への思いを語る。撮影は順調に進み、いよいよラストの婚姻のシーンとなった。小暖は愛を語るシーンで、自らの思い出を重ねセリフを口にする。
[第 25 話 ] 
第25話「本当の俺」
  33分
撮影が終わり、打ち上げが行われた。打ち上げの席で飲みすぎてしまった小暖は酔いつぶれてしまう。小暖を送るという小白を振り払い、非墨が連れて帰るが、いい雰囲気の所で小暖は眠ってしまう。なかなか小暖に告白しない息子に業をにやした安雅(アンヤー)は、自宅の夕食に小暖を招く。そこに小白も同席させ、焦りを感じさせられた非墨はついに小暖を連れ出し…。
[第 26 話 ] 
第26話「愛は対等」
  35分
小暖が告白の返事も無く、自分に黙って長期のロケに行ってしまったことに腹を立てた非墨。ようやく小暖は戻ってくるが、彼女は戻るなり非墨に立て替えてもらっていたお金を全額返す。それ以来、非墨はなぜか冷たい態度に。自分のしたことを反省した小暖は、必死で非墨が喜びそうなことを試す。小暖の思いを知った非墨は、彼女を夜の遊園地へ連れて行く。
[第 27 話 ] 
第27話「初日」
  30分
社内で「天上の銀河」の試写が行われる。それを見ながら小暖はこれまでの事を思い出していた。映画の公開に備え、社内でも宣伝に様々な計画が練られていた。そしていよいよ封切りとなるが、初日の興行収入は予測よりかなり低いものだった。一方、雲洲は母に呼び出され、結婚についての話をされる。そして、雲洲と嘉怡の前に、突如雲洲の許嫁だという女性が現れる。
[第 28 話 ] 
第28話「バタフライ効果」
  34分
「天上の銀河」の評判が悪く落ち込む小暖。そんな小暖に対し非墨は、新しい作品が受け入れられるのには時間がかかると慰める。他のスタッフからの励ましもあり、小暖は非墨と共に黄梅戯のPRに力を入れる。おかげで映画の評判は徐々に上がり始める。「天上の銀河」の評価が良くなるのを快く思わない韓絵は、霊児をけしかけ耀華での映画上映を減らそうと考える。
[第 29 話 ] 
第29話「公表」
  31分
霊児により、小暖と非墨の交際が記者にスクープされる。小暖に対し否定的なコメントが相次ぐ中、二人は交際をメディアに公表する。潔く公表したことによって、より好感度を上げた小暖。それにより映画の興行成績も上がっていった。面白くない霊児は、「天上の銀河」の宣伝に力を入れる蒋放を責める。一方韓絵は、新たな策を考えていた。
[第 30 話 ] 
第30話「取り戻す」
  33分
韓絵は、「双子の花」という脚本の映画で小暖との共演を望んでいた。映画で共演することにより、小暖は自分の身代わりだという事を思い知らせようと考えているのだった。作品の内容を知った小暖は、役どころに惹かれ出演を希望する。しかし、小暖が傷つくことを心配した非墨は、考え直すよう説得するが…。一方、嘉怡は雲洲の母親に呼び出され、雲洲と別れるよう促されていた。
[第 31 話 ] 
第31話「愛してるから」
  30分
小暖が「双子の花」に出演する事を許可した非墨。しかし、韓絵に何かされないよう小暖に警護を付けるという徹底ぶり。おかげで小暖は肩身の狭い思いをしてしまう。撮影の中で、何かと二人を比べようとする韓絵。そんな中、韓絵が小暖と似ている写真をSNSにアップする。また、蒋放は小暖の出演をめぐって霊児と口論に。その際、蒋放は階段から落ち怪我を負ってしまう。
[第 32 話 ] 
第32話「大嫌い」
  32分
韓絵がSNSにアップした写真が小暖にそっくりだった為、撮影の現場でも二人が似ていると話題に。そんな中、ラストシーンで韓絵が小暖と同じ衣装を着て登場する。撮影は無事に終了するが、役と自分が混同してしまった小暖は、泣きながら非墨の元を去る。追いかけようとした非墨だったが雨の中倒れてしまい…。入院した非墨は、医師から胃がんの可能性を告げられる。
[第 33 話 ] 
第33話「身勝手」
  30分
自分の命がもう長くないと思った非墨は、小暖を遠ざけるためわざと韓絵を愛しているふりをする。傷ついた小暖は、会社を辞める決心をして故郷へ帰省することに。一方、非墨は自ら小暖を手放したが、日々彼女の事を思っていた。そんな時、偶然同じ病院に入院していた蒋放に会う。蒋放は、非墨に小暖を傷つけないよう説得する。
[第 34 話 ] 
第34話「知る権利」
  27分
耀華を辞めた蒋放は故郷に帰り、小暖に非墨が胃がんであることを告げる。それを知った小暖は、急いで非墨の元に向かおうとするが、同じ頃、非墨も小暖に会う為彼女の故郷を訪れていた。海岸で再会し、お互いの気持ちを確かめた二人。そんな二人の元に小愷がある事を伝えに走って来る。同じ頃、雲洲に別れを告げた嘉怡は、悲しさでいっぱいだった。雲洲はそんな彼女を見て、ある決心を固める。
[第 35 話 ] 
第35話「唯一無二」
  32分
「双子の花」で主演女優賞にノミネートされた小暖は、晴れやかな気持ちで受賞会場へ向かう。同じく韓絵もノミネートされるが、今までのことを思い出し、受賞する自信は彼女にはもう無かった。そんな韓絵は、発表の前に会場を去る決心をする。その後式が行われ、小暖は最優秀女優賞を獲得する。受賞から間もなく、小暖の元には多くの仕事のオファーが寄せられた。その中にはフランスの著名監督からのオファーも含まれていた。
[第 36 話 ] 
第36話「門出」
  34分
フランスでの仕事を受けることにした小暖。出発までの間少しでも小暖と一緒にいたい非墨はそわそわとしていた。一方、小暖は暁静(シャオジン)から非墨が指輪を準備していた事を聞かされる。こっそりとその指輪を受け取りに行くと、それは小暖の指にピッタリだった。非墨の気持ちを改めて知った小暖は、非墨の為にあるサプライズを計画する。
ホーム
まるわかり
二か国語
STORE