僕のルイちゃん
 3.05

僕のルイちゃん

中国
ALL
 2020年  
IQ140の奥手男子が恋に目覚めて初恋相手の幼馴染に猛アプローチ!?
甘くて切ない癒し系青春ラブロマンス
全 28 話 / 40 分
再生
詳細
エピソード
[第 1 話 ] 
ボスに頭を下げる
  38分
遅刻魔のシア・ルイが大急ぎで学校に向かう途中、一人の少年にぶつかる。彼は、その日同じクラスに転校してきたナン・シーだった。帽子を深くかぶり、誰とも視線を合わせようとしないナン・シーは、クラスから浮いてしまう。一方、行きつけのカフェでコーヒーの味を的確に表現したシア・ルイは、淹れ方を教わることに。
[第 2 話 ] 
彼女を見つけた
  39分
シア・ルイは、会うたびにトラブルに巻き込まれるナン・シーを避ける。しかし、見覚えのある木彫りの鯨を身につけたシア・ルイが、ずっと探していた幼なじみの鈴ちゃんではないかと確かめたいナン・シーは、英語の教科委員を共に引き受けるなどシア・ルイに急接近する。そして、ナン・シーはついに確信に足る証拠を見つける。
[第 3 話 ] 
タニシ娘はあなたね
  40分
ある日、勉強が苦手なシア・ルイの机の中に、要点をまとめたノートが届くようになる。シア・ルイたちは、“タニシ娘”が誰なのか頭を悩ます。一方、シア・ルイのインスタント・メッセージ番号を手に入れたナン・シーは、本名を伏せてシア・ルイとやり取りするようになっていた。
[第 4 話 ] 
幸せの二者択一
  38分
シア・ルイにとっても、木彫りの鯨をくれた木君は大切な幼なじみだった。木君がナン・シーだと知り、再会を喜ぶ二人。心の支えを得たナン・シーは、帽子を取り、顔を上げ、少しずつ周囲にも心を開いていく。また、勉強が苦手なシア・ルイを補習から救うため、自分が彼女の勉強をサポートするとフー先生に掛け合う。
[第 5 話 ] 
鈴ちゃん 待ってて
  37分
イーシューにボールをぶつけた同級生の謝罪をかけて、バスケットで勝負することになったアールオ。ナン・シーは並外れた分析力で、相手チームの欠点を指摘し、アールオに的確なアドバイスをする。内心、シア・ルイを取られたと面白くなかったアールオだが、ナン・シーのおかげで勝利したことで一目置くようになる。
[第 6 話 ] 
私がいるから何も怖くない
  39分
理科の月間テストで、学年一位を取ったナン・シーに、フー先生や母親は、エリートクラス1組への編入を勧める。しかしシア・ルイと同じ9組にいたいナン・シーは、アールオの協力で親のサインした転科申請書を偽造する。一方、ナン・シーに言いがかりをつけてきた先輩のリュウ・ビンに、シア・ルイは勝負を挑む。
[第 7 話 ] 
ナン・シーは俺たちが守ろう
  40分
シア・ルイとリュウ・ビンは、勝負を経てお互いに一目置く存在に。一方、バスケットの試合での功績や持ち前のルックスで、ユィフェイを始め女子からの人気が高くなるナン・シー。しかし精神科に通っているとの噂が広がるなど、人々の好奇の目がナン・シーにストレスを与える。そんなナン・シーの心に寄り添うのは、やはりシア・ルイだった。
[第 8 話 ] 
ナン・シー 私はここよ
  40分
ナン・シーの分析力は、運動会で再び発揮される。しかしある生徒の裏工作で、ナン・シーは望まない400メートルリレーに出場することに。初めは運動神経抜群なアールオがリードするが、途中のメンバーでどんどん順位が落ちる中、バトンはアンカーのナン・シーへ。ナン・シーは、ゴールの向こうで手を振るシア・ルイに向かって無心に走る。
[第 9 話 ] 
君と一緒にいたいから
  39分
期末テストで400点以上取ればコーヒーメーカーを買うと母に約束を取り付け、喜ぶシア・ルイ。その後、多忙な母親に代わり、弟の面倒を見ることになったシア・ルイは、ナン・シーに助けを求める。一方、シア・ルイとナン・シーの仲を知りたがるアールオは、イーシューを連れて二人の後をこっそりつけ、迷子になってしまう。
[第 10 話 ] 
ナン・シー様の反撃
  40分
3年生に進級したシア・ルイたち。手応えがあった期末テストだが、シア・ルイは思い通りの結果が出なかったことに落ち込む。投げやりになるシア・ルイに、頑張れとプレッシャーをかけるナン・シーは、ぎくしゃくした関係に。そんな中、三者面談で学校を訪れた、シア・ルイとナン・シーの母親同士が鉢合わせし……。
[第 11 話 ] 
約束する ずっと一緒だ
  38分
ナン・シーのアドバイスで、シア・ルイはアナウンサーを目指して講習を受けることにする。ある日、誤ってシア・ルイのノートを持ち帰ってしまったナン・シーは、そこに書かれた願い事リストを見て、あることを計画する。一方、伝統行事である18歳の成人式が中止になった代わりに、アールオもまた、クラスメートにあることを提案した。
[第 12 話 ] 
初対面の時から忘れられない
  39分
普段は強気のシア・ルイが、ナン・シーにだけ弱い面を見せたことで、さらに絆を深める二人。続く正月パーティーの当日、シア・ルイはハードスケジュールがたたり、熱を出してしまう。駆けつけたナン・シーは、一晩中シア・ルイを看病した。一方、アールオとイーシューは、街でチンピラにからまれるが、危機一髪でフー先生に助けられる。
[第 13 話 ] 
浜海に来た
  38分
体を張って生徒を守ったことが校内に広まり、フー先生の株は急上昇。一方、シア・ルイの祖父母は、自分たちの留守の間、孫娘を看病してくれたナン・シーを大歓迎で迎える。そんなナン・シーのために、シア・ルイが何かしてあげたいと思っていたある日、浜海大学建築学部のグー教授が来ることを知り……。
[第 14 話 ] 
青春だ
  40分
ナン・シーは、浜海大学の一般入試に先立ち、自己推薦試験を受け手応えを感じる。しかし同じ日、シア・ルイはアナウンサー専攻の芸術試験で失敗する。このままでは浜海大学の合格は難しいシア・ルイのために、ナン・シーは勉強、アールオとイーシューはそれぞれ体調とメンタル面をサポートしようと決意する。
[第 15 話 ] 
ルイ 君が好きだ
  36分
ついに全国統一大学入試に臨んだシア・ルイたち。ナン・シー、アールオ、イーシューは浜海大学の合格ラインに達していたが、ルイはわずかに点数が足りず合格は絶望的に。不合格なら留学と母親に言われていたルイは、ナン・シーと協力してある策を講じる。そんな中、ナン・シーはルイへの溢れる思いを募らせていた。
[第 16 話 ] 
新たなスタート
  37分
ナン・シーは浜海大学、ルイは市内の浜海商業大学に進学する。入学初日、入学試験1位のナン・シーは、すでに学内で注目されていたイーシューとともに、たちまち大学の記者に取り囲まれる。男子寮のルームメイトがその記者たちだと知ったルイは、ナン・シーが耐えられる環境ではないと判断し、市内の別の部屋を探すことに。
[第 17 話 ] 
君が作った物は全部 好き
  36分
グー教授の授業で、建築模型デザインの課題が出される。しかし、ライバル意識を燃やすガオ・ティン、記者コンビのハオ・ティエンとジャイアンに囲まれ、再び心の扉を閉じるナン・シー。そんな彼にとって、拗ねたりふざけたり、素の感情を見せられるのは唯一ルイだけ。ナン・シーは、新居リフォームを手伝うルイに猛アピールを開始する。
[第 18 話 ] 
僕たちの家
  40分
ルイに励まされ、ハオ・ティエンたちと協力して課題を仕上げることにしたナン・シーは、最高の結果を出す。そしてナン・シーは、リフォームを終えた新居でついにルイに思いを告げる。元気いっぱいな笑顔の下に、父を亡くした喪失感を抱えていたルイをまるごと理解して包み込もうとするナン・シーに、ルイは……。
[第 19 話 ] 
小悪魔を送るのは大変だ
  39分
長年アールオに片思いしているイーシューは、鈍すぎるアールオに業を煮やし、しばらく距離を置こうとする。一方、母親の出張で、ルイのもとに預けられたハオは、付き合い始めた二人の味方になることを条件に、ナン・シーに街に連れ出してもらう。ナン・シーは、ハオとルイの意外な共通点に気づき、あることを思いつく。
[第 20 話 ] 
彼のイエスは私のイエス
  39分
一年が過ぎるころ、毎日のようにナン・シーの大学へ通っていたルイは、建築学部の同級生も公認の彼女となっていた。履修科目に迷うナン・シーは、ルイに選択を委ねるが、それが後の波紋を引き起こし……。バスケット部の副キャプテンになったアールオは、卒業した先輩のスーボーと学食で再会、時々練習を見てもらうことになる。
[第 21 話 ] 
ルイ おかえり
  39分
ある日、ルイは勉強の気分転換にと、ナン・シーとハオが作ったコーヒーマップを片手にカフェ巡りをする。その過程で、思いがけずイーとリウ・ビンに再会。誘われるままに、イーの新しいカフェでバイトをすることになる。しかし、うっかり門限を過ぎて寮に帰れなくなったルイは、ナン・シーの家へ泊めてもらうことに。
[第 22 話 ] 
彼らとは絶交しよう
  39分
ナン・シーとユーフェイのゴシップ記事が炎上。早合点したリウ・ビンは、カフェに来たユーフェイを責めるが、間違いだったと知り謝罪する。一方、イーシューの気持ちがわからないアールオ、そんなアールオを諦めようとするイーシューの雰囲気はぎくしゃく。見かねたルイが、パーティーと称して二人を夕食に招待するが……。
[第 23 話 ] 
最高のコーヒー
  36分
イーのカフェでバイトを始めてから、再びコーヒーの手ほどきを受けていたルイ。ナン・シーに背中を押される形で、世界バリスタ大会の地区予選に出場することになったルイは、日々研究を重ねる。イーシューは、アールオを避けるのをやめ、試験が終わったら告白することを決意する。
[第 24 話 ] 
完璧ではない完璧さ
  40分
ルイは、その才能に目をつけた審査員から、イタリアでの研修留学を勧められる。ルイはその場で断るが、ナン・シーは自身も交換留学できる方法を見つけ、周到に手続きを進めていた。一方、この後に及んでボケたおすアールオに、イーシューは告白を諦める。夜道で見知らぬ男に襲われているユーフェイを見かけたリウ・ビンは……。
[第 25 話 ] 
彼女がルイです
  38分
いつも試合の応援に来ていたイーシューがいないことに違和感を覚えるアールオ。そして、スーボーの車に同乗するイーシューを見て、今まで気づかなかった気持ちに思い至る。一方、留学がかかったコンテストに向け徹夜で課題を仕上げたナン・シーは、締め切り時間の直前まで寝過ごしてしまう。果たして作品は提出できるのか?
[第 26 話 ] 
僕たちの約束を守りたい
  36分
留学のためイタリア語の勉強を始めたルイは、ユーフェイに教えてもらうことに。また、旧正月をナン・シーの家族とともに迎えるなど、二人の関係も両家族に祝福され、ルイは順調満帆の日々を送っていた。そんなある日、ナン・シーが出品するデザインコンテストが、何者かの策略により大変な騒ぎになる。
[第 27 話 ] 
君がいれば僕は勇敢になれる
  36分
盗作の疑いがかけられたナン・シーは、再び学校で注目の的になってしまう。外野の声を遮断してナン・シーに寄り添うルイ。さらにハオ・ティエンたちがパパラッチ魂の本領を発揮すべく、ナン・シーの名誉挽回に協力する。一方、怪我をしたアールオが運ばれた病院にかけつけたイーシューは、ベッドに横たわる彼を見て……。
[第 28 話 ] 
出会いに感謝
  37分
盗作疑惑を画策した犯人が発覚し、潔白を証明したナン・シーは、デザインコンテストの優勝者に改めて選出され、イタリア留学の権利を勝ち取る。ルイをはじめ、友達や恩師ら周囲の愛に触れ、ナン・シーは自分が孤独ではないことを知る。それぞれの夢をかなえるべくイタリアへ旅立つ二人。そして3年の月日が流れ……。
ホーム
まるわかり
二か国語
STORE