悪との距離
 4.70

悪との距離

台湾
ALL
 2018年  
台湾ドラマの歴史を変えた、いま見るべき傑作ヒューマンドラマ!
圧巻の金鐘賞史上最多14ノミネート&6部門受賞!
全 10 話 / 50 分
再生
詳細
エピソード
[第 1 話 ] 
被害者
  51分
台湾で起きた大量殺戮事件から2年が経過し、犯人に死刑が求刑された。死刑執行の前に真相を明かすべきと犯人を擁護する弁護士王赦(ワンシャー)は社会から避難を浴びていた。この事件で息子を失った母親宋喬安(ソンチャオアン)は、その悲しみを紛らわせるため、職場であるSBCニュースの現場に没頭し、家では酒に溺れる日々が続いていた。そんな彼女にもとで一人の新人社員が働き始めることに。
[第 2 話 ] 
母の日
  47分
幼稚園に精神異常者の侵入事件が発生。その幼稚園に愛娘を預けていた弁護士王赦(ワンシャー)の妻美(メイ)媚(メイ)は恐怖に慄く。一方、李大芝(リーダージー)はSBCニュースの上司宋喬安(ソンチャオアン)(の九歳の息子が、母の日の前日に兄に殺された被害者だと知る。自らが容疑者家族であることを隠す李大芝(リーダージー)は会社に辞表を提出することに。
[第 3 話 ] 
亀裂
  49分
幼稚園へ侵入したと報道された容疑者は、将来を嘱望された若手映画監督・應思聡(イン・スーツォン)だった。初監督作が失敗に終わった彼は、極度のストレスで精神に異常を来たし始めていた。一方的な報道に怒る姉・思悦(スーユエ)は、SBCニュースで働き、面倒を見ている大芝(ダージー)に報道の異常性を責めてしまう。
[第 4 話 ] 
病識
  51分
医師の診断の結果、應思聡(イン・スーツォン)は、統合失調症と診断される。投薬治療が始まり、その変わり果てた姿に涙する家族。一方、美(メイ)媚(メイ)は、殺人犯の弁護だけを担当する弁護士の妻として社会から嫌がらせを受け始め、夫の王赦(ワンシャー)に家庭か仕事かの選択を迫る。また、SBCニュース副局長・宋喬安(ソンチャオアン)は、反発し家を飛び出してしまった娘に悩む。
[第 5 話 ] 
罪人
  52分
実家に戻った美(メイ)媚(メイ)に、何故弱者の人権を擁護するか語る弁護士王赦(ワンシャー)。彼は李大芝(リーダージー)を説得し、家族と兄が面会する段どりまで取り付けていた。そんな折、急遽、李大芝(リーダージー)の兄の死刑が執行されるとSBCニュースに伝えられ、激しく動揺する大芝(ダージー)。宋喬安(ソンチャオアン)は、母へ電話をする大芝の会話を耳にしてしまう。
[第 6 話 ] 
銃声のあと
  52分
死刑が執行され、事件の真相を明らかにできなくなった弁護士王赦(ワンシャー)は絶望を感じる。一方、遺体を引き取りに向かった李大芝(リーダージー)の家族は、突然SBCニュースから取材攻勢を受けてしまう。そして、被害者の遺族や社会からも一斉に非難を浴びる。宋喬安(ソンチャオアン)は夫の劉昭國(リウジャオグオ)とカウンセリングを受け始めることに。
[第 7 話 ] 
いじめ
  52分
息子を失った心の闇が徐々に癒え始めた宋喬安(ソンチャオアン)の前に、メディアに煽られた模倣事件が発生する。そして、当事者家族は集中砲火を浴びて行方不明になってしまう。結婚の日取りが迫る思悦(スーユエ)は、心の病に苦しむ弟・思聡(スーツォン)や迫害を受ける大芝(ダージー)を必死に守ろうとする。
[第 8 話 ] 
人は皆 病んでいる
  51分
ネットで脅迫を受けていた妻が早産をしてしまった弁護士王赦(ワンシャー)は、自分の行いを悔いて今までの弁護方針を一変させる。病から社会復帰しようとする思聡(スーツォン)の前には多くの苦難があり、それを姉として支える思悦(スーユエ)。そんなおり、大芝(ダージー)は大学生の先輩と再会し、デートすることに。
[第 9 話 ] 
夜明け前
  52分
雑誌記事の掲載を契機に、大芝(ダージー)も両親もメディアに囲まれ集中取材をうける。遺族から弾劾され謝罪を要求される大芝を思聡(スーツォン)がそっと励ます。この家族の窮地に対し、思悦(スーユエ)のフィアンセは助けようともしない。宋喬安(ソンチャオアン)は報道方針を改める試みをSBCニュースで始めることに。
[第 10 話 ] 
未来に向かって
  54分
新たなSBCニュースの幹部との編成方針の違いにより、宋喬安(ソンチャオアン)は編成部から左遷されてしまう。また、症状が悪化し幻覚を見るようになった思聡(スーツォン)は自宅から逃走してしまう。一方、本来の志を取り戻した弁護士王赦(ワンシャー)は、2年前の無差別殺人事件でそれぞれが悲しみを負った被害者と加害者の家族同士を向き合わせることに。
ホーム
まるわかり
二か国語
STORE